2つのタイプの対策

コドモギライの子育て > 健康 > 2つのタイプの対策

2つのタイプの対策

早漏対策には大きく分けて2タイプあります。ひとつは陰茎自体の感じやすさを鈍らせ、射精までの間隔を引張るもの、もうひとつは、陰茎の感受性はそのまま保ち身のこなしの工夫など物理的要因や、呼吸法などにより神経系に働きかけ射精までの間隔を引き延ばすものです。

私は陰茎の感応性はそのままで射精の抑制をするテクニックをお奨めしています。男根の感受性を鈍らせる方法は、なるほど法則にかなっています。しかし20代後半戦から30代以上になるにかけて、緩やかに硬直を煽る神経が弱ってきます。

その時に陰茎の感受性が弱っていたら、性行為では感じない、楽しめないという苦しい状況を引き起こしてしまいます。そうならないためにも、若々しい時分の早漏対策は用心深くやらなければ危ないのです。

ちょっとした考案で早漏は是正することができるので安堵して読み進めてください。また、数秒で射精してしまう最大に感受性が良い方は、ちょびっとの感受性を鈍らせる方策も必須になることも付け加えておきます。

https://bootcamp-t.com/



関連記事

  1. 2つのタイプの対策
  2. お肌のメンテナンス