債務整理のメリット

コドモギライの子育て > 経済 > 債務整理のメリット

債務整理のメリット

自己破産申請の手続きにしたがうと、申請する人は一番初めに申立書を申し立て者の所在地を管轄する地方裁判所へ出すことになります。

申請人が提出した申立書が来たら担当者は自己破産申立の受理をするべき原因があるか否かを審議する流れとなり、審理の終了後支払い不可能の状態など破産の要素が満たされている場合自己破産申請の認定が下されることになります。

ですが、自己破産申請の承認がもらえても、それだけだと借金が消滅したことになりません。

加えて免責の判定を申請する必要があります。

免責は手続きのときに支払いができない申し立て者の返済責任について司法によってその義務を帳消しにすることをいいます。

つまりは借金を無かったことにすることです。

免責でも破産の決定の手続きと同様に裁判所で審理がなされて、検討の末免責の認定がくだされたら、破産者は債務から抜け出ることになるので負債は帳消しになるのです、結果として住宅ローンやカードが使用できなくなることを除いて、破産判定者が受けるデメリットから脱するということになります。

注意ですが、免責拒絶(負債をまっさらにしてもらえない)の判断がなされてしまうと債務および破産判定者にもたらされるデメリットは消えないことになるのです。

免責はどうしようもない事情があって債務を抱えて苦境にある債務者を救う目的のシステムです。

ゆえに、資産を無いことにして破産の処理をするなど、地裁に対し偽物の文書を送るなど制度を悪用しようとする者であるとか、博打やショッピングなどの無駄遣いによって多重負債を抱えた人達にはその破産の認可進行を削除したり、免責手続きが不許可になります。

破産法では、免責の認可をとることが認められない原因を先に提示した状況以外にも説明しており免責不許可事由といっています。


関連記事

  1. 地方の優良企業に就職する方法
  2. 債務を整理して明るい明日へ
  3. 人の借金整理どう返したら
  4. 昔、友達に貸したお金を返してもらいたい
  5. 債務整理のメリット
  6. 節約しよう、一分後には忘れ