昔、友達に貸したお金を返してもらいたい

コドモギライの子育て > 経済 > 昔、友達に貸したお金を返してもらいたい

昔、友達に貸したお金を返してもらいたい

自己破産申請での手続きにしたがって申請人は初めに申立書を申請人の所在地を担当する地裁へ出すことから始まります。

申し立てる人による申請書類が来たら地方裁判所は、破産申立の承認をしたほうがいい理由が存在するか否かを調べることになって、終了後申し立てた人に支払い不可の状況など破産承認の要因が十分満たされていたら自己破産申請の許可がくだることになります。

しかし承認がなされても、それのみだと借金がゼロになったということになりません。

次は免責の承認を与えてもらうことが必要です。

免責というのは手続き上において清算が困難な当人の債務について、法で責任をなしにするというものなのです。

※大雑把に言えば負債をゼロに戻すことです。

免責においても、破産申請の認定の時と同様に地裁で審理がなされて検討の結果免責の承認が与えられたとしたら、破産者は債務から自由になることになり晴れて債務額は消滅となるわけです、結果として自動車ローンやクレジットが利用できなくなることを別にすれば、自己破産者にもたらされる不便からも脱するということになるのです。

なお、免責非承認(負債をまっさらにはさせない)の決定がなされた場合返済義務くわえて破産認定者の受ける不利益は残ることになってしまうのです。

免責という制度はどうしようもない原因で多重債務を抱えてしまい、苦労している債務者を救い出す目的の取り決めです。

ゆえに資産を無いことにして破産申請の進行をしたり裁判所に対して嘘の証拠を送るなど枠組みを不正使用しようとする人や賭けやショッピングなどの無駄遣いによって借入を負ってしまった人に対しては、個人の破産の申請過程を消したり免責が不許可となります。

破産法では、免責を手に入れることが不可能な事例をすでに出した事例の他に数多く説明されており免責の不許可の事由と呼びます。


関連記事

  1. 地方の優良企業に就職する方法
  2. 債務を整理して明るい明日へ
  3. 人の借金整理どう返したら
  4. 昔、友達に貸したお金を返してもらいたい
  5. 債務整理のメリット
  6. 節約しよう、一分後には忘れ